白 夕雨の日記

頭の中の妄想日記。とヨガのこと。

現実と幻。

今日は、“現実”と“幻”の世界について書きたいと思います^ ^ ヨガ哲学でも、 私達が生きているこの世界は“幻”(=マーヤ)である。 という定義から全てが始まっています。 現実と幻の境界線をどう定めるか?など、 人の持つ思想によって違うものですが、 その境…

原点に繋ぐ、ということ。

私達は何か行為をする時、そこには、必ず思いが存在します。 「〜をしたい。」という思いや願望は行動を生みます。 当たり前すぎることですが、それが今の人間社会を形作っています。 どんなものも遡れば、はじめは、形なき一つの思いに帰している。 だから…

心と身体は、人と人。

光と影は惹かれ合います。 互いにいるだけで引き立てあえるからです。 どんなに眩ゆく光を放っていても、影がなければ、 光は自分が光であることにすら気付けません。 “光は光のままに、影は影のままに。” 互いにただそこにいるだけで、自分の存在が定義され…

自分の見つけ方は人それぞれ。

“学ぶ”とは、何をすることなのでしょうか? 学生の頃、 「個性豊かに。人それぞれ十人十色だよ。」 と笑顔で説く周りの大人達や先生の言葉とは裏腹に、 彼らの提供する“学び”は、十人を一色に染めるものが多く、 子供ながらにその矛盾がとても疑問でもありま…

“個”とは何か?

この世界は、生命として存在することに目的や理由を持たない世界と言えます。 自然と共に在る動物を見ても、 皆が等しくそこに在るがままの姿で存在しており、 今この瞬間に自分のベストをただ尽くしています。 そこに生きる目的や理由は存在しません。 そん…

ここは相対性の世界。

ここは相対性の世界です。 喜びの裏には悲しみがあって、 光を認識できるのは闇があるから。 男性がいるから自分が女性であることを理解できるし、 愛の裏にはちゃんと憎しみが見え隠れもしてます。 付き合てのラブラブカップルも10年経てば、 相手が家にい…

八支則:感情のコントロール

ヨガの八支則に出てくる感情のコントロール。 どうやって感情をコントロールするか? を自分に問うことは心を豊かに育みます。 だから、 まずはこの“問い”と、とことん向き合ってみることを お勧めしたい。 ───『感情とは何か?』────── という問い。 哲学の…

いつまで他人の知識をふりかざす。。?

知識とは ──────『過去』だ。 私達は過去の経験から、明日を生きる術を学ぶ。 そして、経験するには実践が伴うことを知っている はず。。。 実践の伴わない他人の知識など、 所詮他人のものでしかない。─────

ヨガの、何も考えないポーズ。

何も考えない。 ただ、ボーとする。 それだけで瞑想になる。 この世の情報に囚われていない人は、 “何も考えない。” ─────それができる。 逆に言え換えれば、 “何も考えない”ことが苦手な人は、この世の概念や 情報、価値観に、常に自分が囚われている状態と…

もう1人の自分。

『自分のことを望んでいない場にはいたくない。。』 もしそう思うことがあったなら、、、 さて、いつから 自分は周りから望まれる人間で在りたいと思うようになったのだろうか。。。? 誰でも、 その感情の裏に隠されたもう一つの思いが在る。 自分の本質を…

誰だって破壊神。

古いものを壊し、新しいものを創りにやってくる、、、 そんな資質を持った人達がこの世界にはいる。 ヨガの神話の世界で言ったら、ちょうどシヴァ神のような破壊神的な役割。 持っている価値観も概念もぶっ飛んでいる。 既存の固定概念を何の躊躇いもなく綺…